山進産業株式会社

参考資料化学成分及び用途例鋼材重量表寸法許容差許容差の等級の適用ステンレス等の比重(密度)
ステンレス鋼材に関する参考資料PDF版 (37KB)
ユニファイ(並目)ネジの基準寸法JIS−ASTM対照表

ステンレス寸法許容差

単位mm
径、辺または対辺距離、厚さおよび幅 許容差の等級
7級
(h7)
8級
(h8)
9級
(h9)
10級
(h10)
11級
(h11)
12級
(h12)
13級
(h13)
14級
(h14)
15級
(h15)
16級
(h16)
17級
(h17)
18級
(h18)
        3以下 0
-0.010
0
-0.014
0
-0.025
0
-0.040
0
-0.060
0
-0.10
0
-0.14
0
-0.25
0
-0.40
0
-0.60
0
-1.00
0
-1.40
 3を超え   6以下 0
-0.012
0
-0.018
0
-0.030
0
-0.048
0
-0.075
0
-0.12
0
-0.18
0
-0.30
0
-0.48
0
-0.75
0
-1.20
0
-1.80
 6を超え  10以下 0
-0.015
0
-0.022
0
-0.036
0
-0.058
0
-0.090
0
-0.15
0
-0.22
0
-0.36
0
-0.58
0
-0.90
0
-1.50
0
-2.20
10を超え  18以下 0
-0.018
0
-0.027
0
-0.043
0
-0.070
0
-0.11
0
-0.18
0
-0.27
0
-0.43
0
-0.70
0
-1.10
0
-1.80
0
-2.70
18を超え  30以下 0
-0.021
0
-0.033
0
-0.052
0
-0.084
0
-0.13
0
-0.21
0
-0.33
0
-0.52
0
-0.84
0
-1.30
0
-2.10
0
-3.30
30を超え  50以下 0
-0.025
0
-0.039
0
-0.062
0
-0.100
0
-0.16
0
-0.25
0
-0.39
0
-0.62
0
-1.00
0
-1.60
0
-2.50
0
-3.90
50を超え  80以下 0
-0.030
0
-0.046
0
-0.074
0
-0.120
0
-0.19
0
-0.30
0
-0.46
0
-0.74
0
-1.20
0
-1.90
0
-3.00
0
-4.60
80を超え 120以下 0
-0.035
0
-0.054
0
-0.087
0
-0.140
0
-0.22
0
-0.35
0
-0.54
0
-0.87
0
-1.40
0
-2.20
0
-3.50
0
-5.40
備考
1.偏径差又は偏差は、許容差の30%以下とする。だだし、平鋼の偏差については、受渡当事者間との協定による。
2.括弧内はJlS B 0401による。
3.注文書の指定により、上表のマイナスで示されている数値を全許容差範囲として、その数値をプラス側とマイナス側に分けることができる。
4.冷間加工後、熱処理、酸洗を施した棒の許容差は、上表の緩い等級の許容差の2倍とする。
5.許容差の等級14級〜18級は、基準寸法1mm以下には適用しない。

Copyright (C) 2009 Yamashin Industry Co., Inc. All rights reserved.